創業融資支援

創業融資とは、創業者が起業する前、または起業したての時期に受けられる特別の融資のことです。

起業する前、または起業したての時期は、創業者はまだ十分な実績がない状態ですので、民間の銀行が単独で創業者に融資をすることは通常ありません。

では、どうやって創業者が創業融資を受けることができるのかというと、日本政策金融公庫という100%国が出資している政府系金融機関を活用する方法があります。

日本政策金融公庫の新創業融資制度であれば、無担保・無保証人で融資を受けることが可能です。

当事務所では、日本政策金融公庫から創業融資を引き出すための、創業計画書の作成をサポートいたします。

創業融資審査のポイントを知ることで、融資担当者が納得する創業計画書の作成し、日本政策金融公庫からの融資の実現を目指します。

当行政書士事務所による創業融資支援のメリット

当事務所において創業融資支援サービスを受けるのには、お客様において以下のメリットがあります。

  • 運送業(運輸業全般)を専門に扱う行政書士による創業融資支援
  • 成果報酬制

運送業(運輸業全般)を専門に扱う行政書士による創業融資支援

当事務所においては、創業融資支援のほかに運輸支局への運送業許可申請業務を行っております。

そのため、運送業者様の事業計画に合わせた創業計画書・収支計画書・資金繰り表の作成を行うことが可能です。

日本政策金融公庫にご自身で融資を申し込まれた場合、その成功率は30%~50%程度といわれています。

また、一度審査で断られた場合、再度審査を申し込むには半年程度の期間がかかってしまうこともあります。

行政書士事務所ニュープランは運送業(運輸業全般)を専門に扱っているため、運送業者様が創業融資を受けられる可能性を最大限向上させます。

成果報酬制

当事務所においては、創業融資支援において成果報酬制を採用しています。

つまり、お客様におきましては、たとえ融資が失敗に終わったとしても、金銭的ご負担は少ないということです。

晴れて融資実行となった場合に、成果報酬として融資金額の5%を頂戴いたします。

運送業者様が金銭的負担が少なく創業融資支援を受けるために、行政書士事務所ニュープランの創業融資支援サービスをぜひご利用ください。

創業融資支援サービスの流れ

当事務所における創業融資支援サービスの流れは以下のようになります。

  1. ご相談

    まずは当事業所へお電話またはメールにてお問い合わせください。

  2. 正式なご依頼・着手金のご入金

    正式なご依頼の後、指定の銀行口座に着手金をお振込みください。

  3. 各種事業計画書の作成サポート

    創業者様から事業内容・自己資金・経歴等の情報をヒアリングし、創業計画書・収支計画書・資金繰り表の作成をサポートいたします。

  4. 各種事業計画書の完成・融資申し込み

    創業計画書・収支計画書・資金繰り表を完成して、日本政策金融公庫に融資申し込みを行います。

  5. 面談

    日本政策金融公庫にて面談を受けて頂きます。
    面談はだいたい30分から1時間程度です。

  6. 結果の通知

    日本政策金融公庫より、面談後1~2週間で結果が通知されます。

  7. 報酬のご入金

    融資成功の場合、成果報酬として融資金額の5%を指定口座にご入金お願い致します。