電子定款認証

電子定款とは、電子データで作成された定款のことです。

そして、電子定款認証とは、PDFで作成した電子定款を公証役場に送信して認証を受けることです。

電子定款認証の最大のメリットは、紙の定款でかかる4万円の収入印紙代がかからないことにあります。

行政書士事務所ニュープランでは、電子定款認証を行うことによりコスト面からも運送業の会社設立をサポートいたします。

電子定款作成に必要なもの

    ソフトウェア
  • ADOBE ACROBAT
  • 定款のPDF化・電子署名をするためのソフトウェアです。
    電子署名をしなければならないので、フリーのPDF化ソフトでは代用不可です。
    ADOBE ACROBATとADOBE ACROBAT READERとは異なるソフトウェアなので、注意してください。

  • PDF署名プラグインソフト
  • PDFに電子署名をするためのソフトウェアです。
    法務省の「登記ねっと」というサイトから無料でダウンローでできます。

  • 申請用総合ソフト
  • 電子定款の認証を申請するためのソフトウェアです。
    法務省の「登記ねっと」というサイトから無料でダウンローでできます。

    機器等
  • カードリーダー
  • 電子証明書を読み込むための機器です。

  • マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カード(住基カード)
  • 電子証明書として使用します。

会社設立費用の比較

電子定款認証を行った場合と行わない場合のコストを表にして比べると、以下のようになります。
ご自身で手続きを行った場合と当行政書士事務所に代行を依頼した場合を比較すると、当事務所にご依頼いただいた方がお得です。

株式会社設立
ご自身で行う場合 当事務所に依頼する場合
定款認証費用 ¥52,000 ¥52,000
収入印紙代 ¥40,000 ¥0
登録免許税 ¥150,000 ¥150,000
当事務所料金 ¥0 ¥30,000
合計 ¥242,000 ¥232,000

合同会社設立
ご自身で行う場合 当事務所に依頼する場合
定款認証費用 ¥0 ¥0
収入印紙代 ¥40,000 ¥0
登録免許税 ¥60,000 ¥60,000
当事務所料金 ¥0 ¥30,000
合計 ¥100,000 ¥90,000