NACCS(ナックス)

NACCS(ナックス)とは、税関・通関業者・保税蔵置場・船会社・船舶代理店・CY・輸出入者・NVOCC・海貨業者・銀行・損害保険会社等をつなぎ、輸出入における通関やそれに関連する業務をオンラインで処理するための電子的情報通信システムのことです。

正式名称は「輸出入・港湾関連情報処理システム(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)」といい、頭文字をとってNACCS(ナックス)と呼ばれます。NACCS(ナックス)は、輸出入・港湾関連情報処理センター(通称、NACCSセンター)によって運用されています。

2017年10月から第6次NACCSが新たに稼働し、損害保険会社が新たにネットワークの中に加わることにより、輸入申告において使用する包括保険の手続きがNACCSを通じてできるようになりました(それ以前は紙で出力した包括保険契約書を税関に持参して手続きを行っていました)。

また、通関書類のペーパーレス化が行われ、通関書類の税関への提出がNACCS(ナックス)でできるようになるなど、第6次NACCSによりますます国際貿易が効率化し利便性が向上しています。

NACCS(ナックス)への新規申し込み方法

NACCSの新規申し込みは、NACCSセンターホームページ内のNACCSサポートシステムから行います。
申し込み手続きの流れとしては以下のとおりです。

1.仮アカウント登録
2.申込者情報の入力
3.システム設定の申し込み
4.デジタル証明書の取得・パッケージソフトのインストール

第6次パッケージソフト初期導入手順書

困ったときはNACCSセンターヘルプデスクに電話しましょう。優しく教えてもらえます。

NACCSセンターヘルプデスク TEL:0120-794550