利用運送

貨物利用運送事業とは、自らは運送を行わず、実運送事業者の運送を利用して行う貨物の運送のことですが、少しわかりにくいところのある概念です。

また、貨物利用運送事業には、第一種貨物利用運送事業と第二種貨物利用運送事業の2種類があり、これらの違いに関してもわかりにくいところがあります。

ここでは、貨物利用運送事業を理解するための注意点について記載していきます。

利用運送には当たらない例

貨物利用運送事業とは、「他人の依頼を受けて、運賃・料金を受け取って(有償)、自らの運送責任において、他の実運送事業者に運送を委託して行う運送事業」のことをいいます。

つまり、以下の例は利用運送に当たらないため、利用運送の登録は必要ありません。

・自社貨物を実運送事業者に運送させる場合
・無償で実運送事業者に運送させる場合
・運送取次事業の場合(自ら運送責任を負わない)
・自ら実運送を行う場合

第一種貨物利用運送事業と第二種貨物利用運送事業の違い

第一種貨物利用運送事業と第二種貨物利用運送事業を言葉で表すと以下のようになります。

第一種貨物利用運送事業 実運送事業者の行う運送において、トラック・船舶・航空・鉄道のうち1種類のみを利用して行うもの
第二種貨物利用運送事業 船舶・航空・鉄道による運送と、その前後のトラックによる集荷・配達を一貫して行い、利用者にドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供するもの

第二種貨物利用運送事業を図で表すと以下のようになります。

第二種利用運送事業

貨物利用運送事業法による定義によると、、第二種利用運送事業とは、幹線輸送(船舶・航空・鉄道)に係る利用運送と、当該利用運送に先行・後続する貨物の集荷・配達のトラック運送を一貫して行う事業とされています(貨物利用運送事業法第2条第8項)。

注意すべきポイント

ドア・ツー・ドアの一貫輸送サービスを提供する場合においては、トラックの集配は自社運送でも他社に委託する場合でも両方とも、第二種貨物利用運送事業に該当します。

集荷先から仕向港までというようにドア・ツー・ドアの一貫輸送となっていない場合においては、第一種貨物利用運送事業に該当します。

トラック集配を軽自動車で行う場合においては、軽自動車は貨物利用運送事業法の規制を受けないため、たとえドア・ツー・ドアの一貫輸送であったとしても、幹線輸送においての第一種貨物利用運送事業に該当します。