第一種貨物利用運送事業の登録(許可)にかかる費用

目次

第一種貨物利用運送事業の登録(許可)にかかる費用

第一種貨物利用運送事業の登録(許可)を受けるには、登録免許税の納付が必要です。
登録免許税とは、登録免許税法に基づき、登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税のことです。

第一種貨物利用運送事業では、登録後30日以内に登録免許税9万円を納付しなければなりません。

申請を行政書士に依頼する場合は、行政書士に支払う報酬が必要となります。
行政書士への報酬額は行政書士によってばらばらですが、貨物自動車での第一種貨物利用運送事業の登録の場合、一般的には行政書士への報酬額は10万円~15万円の行政書士が多いです。
依頼する行政書士を選ぶ際の一つの基準となるでしょう。

また、利用する運送を行う運送事業者と運送委託契約を締結し、運送委託契約書を作成する際に、収入印紙を貼付する必要があります。
利用運送事業の運送委託契約書は、印紙税法に定める第7号文書(継続的取引の基本となる契約書)に該当し、印紙代は一律4,000円となっています。

貨物利用運送事業許可・登録申請における注意点とは?
こちらで解説しています。

貨物利用運送事業許可・登録申請の注意点

貨物利用運送事業者は利用運送約款を定め、国土交通大臣の認可を受け、営業所において掲示しなければなりません。
利用運送約款の解説はこちら。

利用運送の運送約款の解説

第一種貨物利用運送事業登録申請・許可取得代行サービス

利用運送事業許可申請代行

当事務所では、第一種貨物利用運送事業登録申請を代行いたします。

行政書士への報酬額はリーズナブルな価格設定で承ります。

料金(税込)費用
¥110,000(貨物自動車)
¥143,000(内航・外航・鉄道)
登録免許税
¥90,000



利用運送事業の免許を取得されたい方は、ぜひ行政書士事務所ニュープランにご依頼ください

対象地域

全国対応 千葉県・東京都・埼玉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県、他

第一種貨物利用運送事業登録申請代行の動画解説

目次